前へ
次へ

行政書士有資格者の進路について

行政書士は公的機関に提出する申請書や届出書などの各種書類、権利義務や事実証明に関する各種書類の作成やそれに伴う相談への対応などを主たる業とする職種です。その資格は国家資格となっており、資格を得るためには毎年1回実施される国家試験に合格する必要があります。資格取得後の進路としては、行政書士事務所に就職して数年程度実務経験を積んだのち、独立して自ら個人事務所を開業するというのが一般的です。一般企業に就職して法務部門等に所属するという進路もありますが、弁護士等の他の資格に比べるとそれほど需要は多くありません。なお、2004年からは2名以上の有資格者が行政書士法人という法人事務所を開設することができるようになったので、そうした法人にパートナーとして参加するという進路もあります。

top用置換

top用置換2
Page Top